アイズ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳性まひの2次障害

<<   作成日時 : 2005/03/04 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 今日は、脳性マヒに伴う不随意運動を原因とする首の骨の変形からくる首から上腕にかけての痛みの治療をするために病院へ行きました(病気としては痙性斜頸とかジストニアに分類されるらしい。)。
僕が今、受けている治療はボツリヌス療法といってボツリヌス菌の毒素からつくった薬を首に注射して、筋肉の緊張を無くし、血行を良くして首の痛みを取るという方法です。
首の筋肉の緊張を無くすと言っても、一本の注射で首全体の筋肉の緊張を無くしたら大変なことになるので、局所的にしか効かないよう少量の注射を数箇所に分けて打ちます。
今日は6、7箇所に注射されました。うーん、痛かった。(>_<)

 そもそも僕は大の注射嫌いで、この歳になるまで(かなりいい歳です^^;)注射なんか記憶にある限り指で数えられる程度しかした事がなかったのに、この1年ほどで今まで生きてきた分以上の注射を打ちました。トホホ、、、(T_T)
薬の効力は3ヶ月しかないので3ヶ月ごとに注射しないといけないんです。アー、イヤだ、イヤだ。
病院の先生によると、もっといい薬が今治験されていて、2年後ぐらいに使えるようになるらしいです。
でも、やっぱりそれも注射なんだろうなぁ。貼り薬とかにならないのかなあ。(^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
僕も同じ2次障害を持つ、中年男性です。症状としては、肩こりや腕・ひじ・手首などに痛みがあり、夜ふとんをかぶるだけでも痛くて眠れないほどでした。そこで大阪にある某有名病院(障害のある人なら、名前は知ってるかな?)に行き診てもらったところ、「すぐ、首の手術を受けなさい」と専門医宛の紹介状を渡されました。同様の手術を受けた友人を何人も知っていますが、殆どと言っていいほど回復した人はいません。結局、僕は地域の整形外科で治療を受けたり、整体の先生に自宅訪問をしていただいたおかげで、かなり回復することができました。
アイズさんは、今されている治療法はご自分で見つけられたのでしょうか?自分にあった治療法は医者に聞くより、自分で探すしかないのが現状ですよね。お互いにがんばりましょう!(^^)!
My-Song
2005/03/11 18:02
My-Songさん、こんばんは!我がブログ初のコメントありがとうごさいます。

>今されている治療法はご自分で見つけられたのでしょうか?

僕はインターネットで”首の痛み”で検索しました。
そしたら”ボツリヌス療法”というのが出てきて、そこからボツリヌス療法についていろいろ検索して、調べて行ったら、なにか良さそうだったので、首の診察してもらっていた家の近くの某市民病院の形成外科の医師に相談しました。
すると、そういう治療法があるのは知ってる、それは神経内科になるので私には出来ないし、この病院ではしていないので、望むなら大阪市内でこの治療法をやっている病院の紹介状を書きます、ということだったので紹介状を書いてもらいました。

実は、これでメデタシメデタシとはならず、紹介状を書いてもらった病院では、その治療法はやっておらず、近くの別の病院でやっていたのでした。
結局、紹介された病院とは別の病院へ今は行ってます。
ここの管理人(実はまだニックネームを決め...
2005/03/11 21:10
おっと、上のコメントの近くの病院というは、紹介された病院の近くということです。
僕の家からは遠いです。^^;
管理人(まだニックネーム決めてない)
2005/03/11 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳性まひの2次障害 アイズ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる