アイズ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福祉用具の講演会

<<   作成日時 : 2005/03/23 16:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、ATCエイジレスセンターで行われた谷口昌宏氏(介護支援専門員・理学療法士)の福祉用具の利用法に関する講演会に行ってきました。
その講演の中で印象に残ったのは、スライディングボードと介助ベルトを使った、端座位での介護ベッドから車イスへの乗り移り介助の実演でした。実にスムーズな乗り移りで感心しました。谷口氏によると日本では教える人がいない為にスライディングボードや介助ベルトが普及していない、このような介護技術を使っていかないとヘルパーの腰痛はなくならない、アメリカではヘルパーが腰痛になることは恥ずかしいことだとされている、というような主旨でした。
僕の意見を付け加えると上記の福祉用具を使った乗り移り介助は、アームレスト(肘掛)が跳ね上げ式、もしくは容易に取り外せるようになっている車イスじゃないと出来ない(または出来にくい)のですが、僕の知る2,3の福祉施設では“標準型”の車イスがほとんどです。
 大阪市内では有名な総合病院内にある老人保健施設に入所者の見舞いに行くことがあるんですけど、やはり標準型の車イスでベッドからの乗り移りは“力まかせ”の介助ですね。リフトとかを使う方法もあると思うのですが、、、、
そこの病院の建物自体は建て替えてメッチャきれいになってるんですが、介護ベッドは電動じゃなく手動だったりして、病院全体としては大変な設備投資をしているみたいですけど、福祉用具については投資額が少ないみたいです。
日本では福祉用具に対する認識が低いのか、介護が“技術”じゃなく“技能”という個人の技という観点で見られているのか、その辺が問題ですねぇ。

◎≪介護用品≫ベッドから車いす、車いすから自動車・便座への移動に最適。【MTSボード】◎◎≪介護用品≫ベッドから車いす、車いすから自動車・便座への移動に最適。【MTSボード】◎

*これがスライディングボードの一種です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福祉用具の講演会 アイズ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる