アイズ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS それでアピール出来るんかなあ?

<<   作成日時 : 2005/05/19 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日、近所の駅前で障害者団体(かな?)が今国会に提出されている“障害者自立支援法案”に反対するビラを道行く人たちに配っていました。
そのビラの内容をちょこっと紹介しますと、大見出しで「障害者の声を国会に!!」とあって、「私たちは、以下の7点を要望します。1.「私たちを抜きに、私たちに関することを決めないで下さい」 2.当事者ニード・自己決定を尊重したサービス決定を 3.障害者の地域生活・社会参加の根幹的サービスとしての移動介護を」と以下7まで要望があり、障害当事者が持つ、この法案に対する不備や不安を訴える文章があるですが、、、、うーん。
僕は自身障害者だし、福祉についても勉強しているので、理解できるし共感もできますが、道行く一般の人がこのビラを見て(読んで)書いてある内容について理解し共感してもらえるか、僕としては、はなはだ疑問です。
障害者福祉の用語が多いし、そもそも障害者福祉の現状を知らないであろう道行く一般の人にアピールするには訴えるポイントが違ってると思うんですけどねぇ。(-_-)
たとえば、この法案では介護給付・訓練等給付において介護保険と似通った方式が導入されることになっていて、将来の介護保険との統合を睨んでいるのは明らかで、障害者を取り込むことで介護保険料の徴収対象を20歳以上に引き下げることを規定路線にしよう、と厚生労働省は思ってるはずです。
その辺のところを一言でも書かないと一般の人にアピールできないと僕は思うんですけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでアピール出来るんかなあ? アイズ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる