アイズ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨークの話

<<   作成日時 : 2005/09/17 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 NYへは9月8日から14日までの7日間の日程で行って来ました。
でも、飛行時間などNYまでの移動時間が長いので実質NYを観て回れたのは4日間です。
でも、ざっとですけど主だったところは観られました。
マジソンスクエアガーデン、タイムズスクエア、エンパイアステートビル、自由の女神、ソーホー、グリニッジビレッジ、近代美術館(MoMA)、アメリカ自然史博物館、グランドゼロなどなど覚え切れないほど色んな所へ行きました。
普段、僕は日本では電動車いすで動いているのですが、今回は介助者をつけて手押し車いすで行きました。
色々理由があって電動を止めたのですがそれが正解でした。朝から晩まで結構動き回りましたが電池切れを気にしなくて済みましたから。
それにNYの道はガタガタで穴ぼこが至る所にありました。
交差点などの歩道と車道とのスロープも無いこともありますし、有ってもつけ方がぞんざいで段差が残っていたりとか、車道への降り口に穴ぼこがあったりとなかなか大変でした。
お店なども大通りの店や大型店や別にすれば、入り口に段差がある店が多かったですね。
何よりちょっとビックリしたのは、歩道に点字ブロックをなかったことと信号も音声信号を聞かなかったことです。視覚障害の人はどうしているんでしょう。
あと地下鉄もエレベータが設置されている駅は極僅かとのことで使いませんでした。
何かアメリカは障害者福祉の先進国で、すべてがバリアフリーになっているイメージ(特に大都市では)があったんですが実際はそうでは無かったですねぇ。

とは言え、市営バス(かな?)はすべてリフトかノンステップでした。バスに乗り際は車いすが優先で、ほかの人が先に乗ることは止められます。
バス代は、車いすの人は介助者を含めて原則無料のようです。NYに住んでいる兄の話では、本当は行政当局に申請して無料パスのようなものがもらえるんじゃないかな?と言っていましたがパスの提示は一回も求められませんでした。一応一日乗り放題のメトロカードは持っていたんですけどね。(笑)
何より一番感心したのは、NYの人たちの優しさです。ちょっと段差や穴ぼこで車いすが立ち往生していると手を差し出して助けてくれますし、バス停で行き先を確認していると僕たちに親切に教えようとしてくれますね。通りがかっただけで自分はバスに乗らないのに教えてくれる人が居るのにはビックリしました。
ハード面でのバリアフリーはともかくとして、心のバリアフリーは出来ているなあ、とすごく感心しました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューヨークの話 アイズ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる