アイズ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害者のセルフマネジメント

<<   作成日時 : 2006/09/13 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 9

先日、障害者自立支援法についての勉強会に参加してきました。
そこで聞いてきた話ですが、

障害者自立支援法のサービスを受けるためにはケアプランを作成する必要があること
ケアプラン作成が出来るのは大阪市においては社会福祉協議会もしくは障害者生活支援センター(名称はセンターにより色々です)だけであること
上限管理者といって、支援法のサービスを利用する際には、どこかの事業者(所)に利用上限を超えないようにするためにサービス利用状況を一括して管理してもらわないといけないということです。(介護度の高い人ほど1事業者に私生活を垣間見られるということですね。)

これって確かに複数のサービス、複数の事業者(所)を利用するときは利用者にとっては楽かもしれないけど、障害者にセルフマネジメントを認めないということで、”自立支援”という理念からは遠ざかる方策じゃあないんですか?

介護保険においても手続き等が面倒で複雑なので滅多にやる人はいないみたいですけど、一応セルフマネジメントは認められています。

障害者のセルフマネジメントを認めないなんて、一種の権利剥奪、人権侵害だと思うのは僕だけなのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
介護保険とは
○●○介護保険とは○●○ ...続きを見る
保険ガイド
2006/09/18 08:46
介護・・・老人ホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム
介護情報を集めました。老人ホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護付き有料老人ホームなどの情報。 ...続きを見る
介護・・・老人ホーム、有料老人ホーム、特...
2006/09/25 14:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです(^^ゞ
シュウイチさんだけではありませんよ。
私も非常に一票を投じたいです!
いろいろな障害関係の講習会や相談のすすめかたが主役である当事者の存在を無視してますから。
障害あるなしに関係なく「本人の意思を尊重する」という方針を忘れないで欲しいものです。
いろいろありますがぼちぼちということです。
みっちゃん
2006/09/29 23:19
そうですね。
本人の意思の尊重は基本ですよね。

ところで、こんなこと言うのもなんなんですが、、、
以前に書き込みを下さったみっちゃんでしょうか?
僕の知人には”美代子”や”美紀子”などニックネームが”みっちゃん”になる人が多いので。(^^ゞ
シュウイチ
2006/09/30 19:59
そうです!発達障害者のみっちゃんです!
みっちゃん
2006/09/30 22:46
始めまして。お邪魔しております。
私は相談支援事業所の相談支援専門員(いわゆる障害のある方のケアマネ)をしているものです。
厚労省では、施設やグループホームなど以外のサービス利用者のうち1割をサービス利用計画(いわゆるケアプラン)の作成対象者としているのですが、
大阪市では全員プランの対象者になるのですか?
基本はシュウイチさまが仰っているようにセルフケアマネジメントが重視されるのですが・・・??
そーしゃるわーこ
2006/10/07 23:39
>そーしゃるわーこさん

>大阪市では全員プランの対象者になるのですか?

僕の解釈では入所、施設利用以外の介護給付はそうなのかなと思ったのですが違うのでしょうか?
勉強会ではそのように聞いたのですが、僕の聞き方が悪かったのかな?
今度調べておきます。^^;

言い訳になりますが今度の自立支援法はサービス内容、サービスの名称がマトリックスのように入り組んでいるので、なかなか一まとめに説明することが難しいですね。

>厚労省では、施設やグループホームなど以外のサービス利用者のうち1割をサービス利用計画(いわゆるケアプラン)の作成対象者としているのですが、

逆に質問ですが、この1割というのはどういうことなのでしょう?
ケアプラン作成対象者(1割)の線引きはどこで行うのでしょうか?
シュウイチ
URL
2006/10/08 22:28
プランの対象者及びプラン対象の1割の根拠ですが、18年6月26日開催の障害保健福祉関係主管課長会議の資料で公表されています。
それによりますと、
対象者は
@退院や退所により新たに地域移行するために集中的な支援が必要な者
A知的障害や精神障害により適切なサービスを自分で調整することが困難な者
B単身生活者で重度の身体障害があるため自ら連絡調整を行うことが困難な者
となっています。
また、対象者の1割についてですが、公平に財源を分配する為に各市町村間のばらつきが出ないように、ということらしいです。
そーしゃるわーこ
2006/10/09 23:31
リンクをはり忘れていました。
前述の資料は以下でご覧いただけます。
http://www.wam.go.jp/wamappl/bb15GS60.nsf/0/6f2eda2437adbe374925719a000be847/$FILE/20060627siryou3.pdf
ちなみに私の勤務している支援センターでは対象となる方は今のところいませんよ。

必要な情報が、実際に必要としている人に浸透していないことと、努力しないと情報をえることが出来ない現状に私自身も憤りを感じています。
そーしゃるわーこ
2006/10/09 23:40
>そーしゃるわーこさん

早速質問に答えていただきありがとうございます。m(__)m
あまりにも法案成立から実施の期間が短すぎるので、現場の人たちは走りながら考えている状態ですね。
サッカーなら相手を倒すことが目的だからそれはいいことなんでしょうけど、対人援助においては逆にそれはダメでしょう。
十分な周知徹底期間も設けず、とにかく強行突破している感じですね。

今はどうか分かりませんが9月あたりでは行政の窓口の人でも「細部の運用については通達がまだ出ていないので答えられない」、「そのことについては厚労省に問い合わせている最中」とか言っていましたから。
しかもこの法案、市町村まかせ(良く言えば地方分権なんでしょうけど)の部分も多いですから実際の運用では市町村によってかなりばらつきが出ると思いますよ。
シュウイチ
2006/10/10 21:35
今日、大阪市内の某支援センターで確認してきました。
ホームヘルパーを利用する場合は原則として社協が週間ケア利用計画を作成するそうです。
いわゆる本格的な月間のケアプラン(サービス利用計画、厚労省のいうところの1割)は、支援センターが作成するそうです。

大阪府下でも自治体によって社協じゃなく障害福祉課が作成するところや、某大手介護事業者に委託している自治体もあるそうです。
なんか、なんでもありなん?っていう感じでこれには驚きました。
シュウイチ
2006/10/16 20:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
障害者のセルフマネジメント アイズ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる